top of page

世界を変えるには目の前の一人から


「世界は小さきものの

集合で出来ている」


最近、神様からのメッセージは

そのようなイメージのものが多い。


小さいもの・

目の前のものを愛せなかったり、

感謝にいたらない人が、

どうして大きなものを

手がけられるだろうか。


アレが悪い。

コレはダメだ。

と言う前に。


与えられたものを

自分自身を

自分の体を

環境を

省みることを忘れてはいまいか。


蛇口をひねれば水が出て。

そればかりか、お湯まで出て。

その飲める水でトイレを流し。


スイッチをひねれば電気が灯り。


交番があり。

消防があり。

救急車があり。

病院があり。

学校があり。


(コレ↑全部税金の恩恵ですよ)


当たり前ではないことを忘れて、

足りないものにフォーカスして

愚痴や誹謗中傷を口にしてはいまいか。


自然や神社では

感謝の気持ちを思い出しても、


この日常に

感謝することを

忘れてはいまいか


太陽が昇ること

電車が定刻に到着すること


心臓が動くこと

目が覚めたこと


すべては当たり前ではなく。


そんなことを忘れずにいられる、

そんな仲間をひとりずつ増やしたい。


そしたら、きっと変わる。


世界は、社会の集まりで。

社会は、人の集まりで。


人は、目に見える

「神様のひとかけら」であり。


人は、仏を目指す、

仏に成るために

この世に生かされている存在だから。




https://ameblo.jp/sukunachiaki/entry-12536884004.html


↑ ↑ ↑

全文はアメブロ@すくなちあきを是非♡



閲覧数:5回

最新記事

すべて表示
bottom of page