「祓い」(ハライ)が必要な理由

更新日:2019年6月30日

本日は6月30日。

夏越の大祓いの日です。


茅の輪くぐりがある

神社さんも多いので、

お子様も誘って、

ご家族で参拝なさるのは

オススメです💖


(難しいことを言わなくても、

くぐるの面白いよ❣️

とお誘いになってもよいかと(^-^))



さて、実は。


今日だけでなく、日々、

「祓い」(ハライ)って

必要なんです。


でも、祓いってそもそも、

ナニを祓うの❓


それは、

穢れ(ケガレ)ですね。


これは、悪いこと。

汚いこと。


のことではなく、


氣枯れのことになります。


元々、神様の世界では、


①善悪がありませんし。


②清濁(清いものと汚いもの)の

選り分け(二元論)もないので、


そういうことになるかと

存じます。



では、氣枯れとは一体❓


氣はエネルギーです。


枯れるは、

枯渇する・不足ぎみ。


エネルギー不足

ということですね。


エネルギーの塊(かたまり)が

「命」になります。


生まれたての赤ちゃんを

思い浮かべると、

よくわかりますよね❣️


では、何故

エネルギーが枯渇するのか。

(=氣枯れるのか)



滞り」(とどこおり)が出来るので、


エネルギー循環が

成されていないという

状態が氣枯れなんです。


では、ナニが「滞り」を

起こすのでしょう❓



簡単にいえば、


自己評価の低落。


自分が、神様と同じ


「霊」(たましい)だとは・・


認めていない。

信じていない。

ハラオチしていない。


状態=自分を信じていない。


↓↓↓


自信がない。


そんなコンディションになっている。


つまり。



神様と自分が

分離していると

思い込んでる意識状態。



が、ケガレとなります。


神様と乖離(かいり)した

自己評価。


コレは、


非常事態なわけです。



自分と神様は別物。


違うもの。


と思ってしまう、


その理由って色々さまざま、

あるかと思います。


でもソレが、

「滞り」となります。


その必要のない「滞り」を

祓うと、エネルギー循環が

潤滑に行われ、


赤ちゃんみたいな

エネルギーに

還ることが出来るんですね。